You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間別の打ち方

自分が持ち玉を打ち込むことの重要性に気が付いたのは、今年の2月。3月からはとにかく持ち玉遊戯時間を意識して、パチンコを打っている。その結果、時給が大体1500~2000円で収まっている。

タイトルにある時間別の打ち方、、、最近自分が打っているやり方ですが、

09:00~15:00 ミドル(大海SP又はエヴァ)
15:00~18:00 甘デジ(アグネス、甘沖海)

です。一見すると初めから甘デジ打てばいいじゃん!と突っ込まれそうですが、10時間位の単位で見ると、ミドルも甘も投資額はあまり変わらないように思えます(実践による感覚的)。またミドルの方が、連チャンするので、持ち玉が沢山持てる機会が増えます。結果、持ち玉遊戯時間が増えるのです。15:00を区切りとしているのは、例えば、16:00にいきなり20連とかすると、閉店までに持ち玉を打ち込む時間が減ります。これを回避するために、甘デジに移動します。甘デジは連チャンしても、せいぜい3箱ですから、しっかり打ち込めます。

もちろん最大の理由は「ミドルの方が甘い釘」だからです。自分の行く店も例外ではなくミドルの方が甘いですが、持ち玉遊戯が出来ないミドルはただの苦痛以外何物でもありません。ですが、甘デジは必然的に持ち玉遊戯時間が増えるので、ミドルの持ち玉遊戯ほどの期待値は稼げませんが、現金で追いかけるミドルよりはマシになります。

あと、こういう形で打つと、1日あたりに使う金額が5万位で十分足ります。自分は朝一の時は、30000円をミドルに、8000円を甘デジに、という感じで打っています。

もちろん、現金でも十分追う価値ありのミドルは追いますし、明らかに甘い釘の甘デジなら朝一から打ちます。

基本スタンスを持って、ぶれない自分の立ち回りをして、時に臨機応変に対応する、、、一般社会人からは到底理解できないお金をポンポン使うわけですから、自分なりのルールを決める事で、精神衛生上も落ち着いていられます。

↓応援お願いします。励みになります。
人気ブログランキングへ


パチンコ必勝ガイドCDセミナーVol.10 パチンコ1000万プロの仕事術2009パチンコ必勝ガイドCDセミナーVol.10 パチンコ1000万プロの仕事術2009
(2009/03/18)
安田 一彦

商品詳細を見る

スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。